個人年金の確定年金とは

[スポンサー リンク]

個人年金の受取方法は、大別すると「確定年金」と「終身年金」に分けることができます。

確定年金は、取り扱う保険機関によって定額年金や定期年金と呼ぶ場合もあります。

個人年金保険商品の中では終身年金よりも人気があると言われている確定年金ですが、この商品が人気になっている理由の一つとして、「被保険者の生死に関係なく、年金を一定期間受け取ることができる」という事が挙げられます。

受取期間は契約時に指定することができ、一般的には5年、10年、15年の中から選択することができます。(10年以上の確定年金は節税対策にもなるという事で、10年確定年金はとても人気が高いようです。)

基本的に、受取の期間が短いほど毎年の年金額は多くなり、受取の期間が長いほど毎年の年金額は少なくなります。

年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は、残りの年金現価をそれまでと同じ年金方式で受け取るか、死亡一時金として受け取るかを選択することができます。

もし年金受取人が死亡した場合は、前以って指定された受取人が年金受け取りの権利を継承することになります。指定された受取人がいなければ、相続人が年金受け取りの権利を継承します。

確定年金の活用方法

老後の資金を貯金や銀行預金に頼るという方法もありますが、計画的に貯蓄ができないといった方にも確定年金はニーズがあります。

中途解約する場合はそれまでの掛け金より少なく返ってくるという事や、保険金の払込に何かしらの強制力を感じるからではないでしょうか。

何事もなく満期を迎える事ができれば、銀行に預金して得られる利息よりも多い運用益があるというのも魅力の一つです。

また、確定年金は終身年金とは違い、ある一定期間だけに絞って年金を受給するというスタイルからか、「公的年金の支給開始前のつなぎ」として活用されるケースが多いようです。

国民年金の支給開始年齢は基本的に65歳からですが、もし65歳になる前に現役を引退せざるを得なくなった場合など、5年確定年金や10年確定年金があれば助かりますね。


スポンサー リンク