もし保険会社が破綻したら保険金はどうなる?

[スポンサー リンク]

生命保険会社は、「生命保険契約者保護機構(以下、保護機構)」という制度への加入を義務付けられています。

この制度は生命保険会社と生命保険契約者のための相互援助制度で、生命保険会社が破綻した場合に力を発揮します。

まず生命保険会社が破綻したら、保護機構が生命保険契約者の契約を継続してくれる生命保険会社(救済保険会社)を探します。

救済保険会社が見つからなかった場合は、保護機構の子会社として設立される「承継保険会社」が保険契約を引き継ぎます。

どちらの場合でも、必要に応じて保険機構が資金援助を行いますが、契約していた生命保険の保険金額が保証されるというわけではありません。

基本的に減額は避けられないという認識を持っていた方が良いでしょう。

また、保険商品によって保険金の減少幅が大きくなるものもあります。特に貯蓄性の高い(個人年金保険はこれに含まれます)ものほど減少幅が大きくなるようです。

保険のリスクとリターン

33-1

未来がどうなるかは誰にもわかりませんが、だからといって保険に加入しないという選択はあまりにも無策すぎます。

リスクを考えなければいけないのは当然なのですが、その裏にはリターンがあるという事も思い出してください。

保険加入の際には、破綻リスクを回避するために格付け機関の格付けや、ソルベンシー・マージン比率、保険のプロ(FP)から得られる金融情報などを参考にして、しっかりした保険会社選びをするようにしましょう。


スポンサー リンク