個人年金のメリット

[スポンサー リンク]

12-1

個人年金は民間の保険会社と契約する年金ですが、例えば利回りが高く支給額が確定していない変額年金保険の場合の利回りは、今のところ最高で20%と言われています。

この数値はあくまで様々な状況が有利に機能した時の数値になりますが、支給額の増額の可能性があるというのは一つのメリットと言えるでしょう。

個人年金のメリット その2

個人年金のメリットを述べる前に、公的年金の受給額の算出方法について少し触れておきます。

今後受給額の減額が予想されて反発の声が上がっている公的年金ですが、現在高齢者として年金受給されている方と、若い現役世代の方を一律に考える事は出来ません。

公的年金の受給金額は、受給年齢とその時点の計算式によって算出しますが、この計算式は少子高齢化の背景から厳しい年金財政の影響もあり、年々低い水準へと推移しています。

概算になりますが、現在80歳代の方は当時の現役世帯の70%、70歳代の方は65%、現時点で受給開始の方は60%と言われています。

そして、30年後に受給する世代では50%以下という予測がされています。

基本的に公的年金は積み立てられた年金原資から計算式によって受給額が決定するので、世代によって受給額に格差が生じるのは仕方のない事なのです。

さらに、段階的に65歳まで引き上げられるとされる年金支給開始年齢が、将来的に70歳になるという可能性も指摘されています。

これほどまでに受給額や支給開始年齢の制限が拡大している公的年金に、将来的なメリットを疑問視する声も上がっています。

仮に60歳で定年を迎えたとして、その時の公的年金支給開始年齢が70歳になっていたとすると、10年間の年金空白期間が生じてしまいます。

この空白期間は一体何を頼りにすればいいのでしょうか?

個人年金には、こういった事態にも備えておけるというメリットがあります。

分散投資先としての存在自体がメリット

個人年金はあくまで公的年金の補助とする意見がありますが、リスクマネージメントの観点からすると、様々な商品展開はやはり魅力的です。

一律的な公的年金よりも、各加入者の意向が反映出来る個人年金は今後ますます拡大の様相を見せています。

厳しい時代だからこそ、個人年金には様々なメリットが見えてくるのです。


スポンサー リンク